文章能力って重要?!ブンブンどりむで全教科成績アップって本当?

お子さんが小学生の間は、ご両親が勉強を教えてあげているというご家庭も少なくありませんよね。

まだ塾や教材に費用をかけたくないという方も多いですが、何より、ご両親が教えてあげるのに十分な難易度ということもあります。

しかし、国語、特に作文に関しては、正しい答えが解らずにご両親も何が正解で、どう教えて良いのやらお手上げ状態の方が多いようです。

作文には、5W1Hが必要です。子どもに、5W1Hが入った文章を書かせるのは難しいのですが、それ以前に何を書いたらいいのかで悩むお子さんの方がずっと多いのです。

このヒントがあるだけでも、大きく前進するのはないでしょうか?もちろん、お子さんだけのヒントではなく、ご両親にとっても大きなヒントとなるはずです。

今後の情報化社会に備えて、文章能力は、とても重要な課題となります。

特に、今後、大人になっていくお子様の時代にとっては思考力・判断力・表現力・知識活用力は必須です。

これらは「作文を書く」という作業の中に含まれ、これら必須能力を養うことができます。
「書く」というのは、重要な学習の軸ともなるため、この能力を引き上げることで、他の能力も自動的に引き上げられる仕組みになっているのです。

最初に「5W1Hを意識させて文章を書かせる」方法をお伝えしましたが、文章力を引き上げることで、他の能力も引き上げることができるなら、少し力を入れて学習させてみたいと思いませんか?

今後の時代は、おそらくご両親が経験した時代とはことなり、受験方式なども変化しています。思考力・判断力・表現力・知識活用力を求められるなら、なおさら、力をいれたいところです。

受験勉強に取り掛かっていない今の時期だからこそ、特別に早めに力をつけておくと良いかもしれません。しかし、学校ではそこまで力を入れて個別指導をしてくれるわけではありません。そこでご紹介したいのが、「声に出して読みたい日本語」がベストセラーになった齋藤孝先生が監修した作文通信教育講座です。

今後、受験勉強のためにさらに他の勉強が必要なのは目に見えています。しかし、まだご両親が教えてあげられる時期は、それで構いません。家族とのコミュニケーションという意味でも、とても良い教育になるでしょう。

しかし、ここで、文章力に目をつけて、早めにお子さんに力をつけさせてあげることで、今後の受験勉強も楽に学べるようになり、他のお子さんとの差をつけることも可能です。
直接的な成績として、重要視されない文章力ですが、疎かにしていると、お子様の学習の向上にとって大きな妨げとなるでしょう。

お子様の力を効率よく伸ばしてあげるために、文章能力の引き上げに着目してあげてくださいね。

ブンブンどりむの口コミには次のような内容が寄せられています。

  • 子供が楽しく取り組める
  • 子どもの発想力に驚かされる
  • 具体的な表現能力が身に付いた
  • 伝わる文章を書けるようになった

これらは良い口コミですが、悪い口コミも気になりますよね。
特に、「辞めた理由」は気になるところです。

念のために「辞めた理由」をチェックしておきたい方はこちらのサイトが参考になります。

>>ブンブンどりむを辞めた理由は?

ブンブンどりむは、他の通信講座と違い、学年でコースを選ぶわけではなく、お子様個人の能力に合わせてコースを自由に選ぶことができます。

それだけ、個人差が出てくる教科であることが解りますね。

ここで、子どもの能力を引き上げるか、いつどのように引き上げるかの「ご両親の選択」によって大きく変わることでしょう。