英検jrを受験させたい!小学生に必要な学習方法と受験対策とは?

小学生も英語を授業で学ぶようになり、親御さんの時代にはなかったシステムが導入されていますよね。

今の時代の子どもたちにどのように学習を勧めさせて良いのか戸惑う方も多いでしょう。

そんな親御さんたちのために、小学生の勉強方法と英検jrの受験対策についてご紹介します。

小学生の英語は2020年から必修になります。

自分の子どもは英語の授業についてけるのだろうか?
小学生の低学年から落ちこぼれることもあるのだろうか?
これからの時代は絶対に英語は必要なのか?

考える方も多いでしょう。

まず、お子さんの英語をサポートするためには、

市販の英語教材を購入する
通信教育などを受講させる

このような手段が考えられます。

お子さんの英語への関心や興味を育てるような教材になっているので、学校で英語勉強をする抵抗感をなくすことができます。

抵抗感をなくすことができれば、落ちこぼれる心配も少なくなります。

でも、英語を学ぶ上で、楽しみを持たせることは大切なことですが、やはり、目標を持たせて取り組めるようになることが重要です。

なぜなら、目標を持たせて取り組ませることが、英語学習の上達には早道だからです。

今注目されている育成型テスト「英検jr」は、テスト形式で、子どもに英語に取り組ませることができます。

また、客観的なデータをもとに、目標値を明確にし、子どもに目標を持たせてあげることができるからです。

参考記事:
英検jrって子どもにとって必要?!子どものための目標設定の重要性

2020年から必修化する以上、これからの時代英語は必要です。進学するために受験というシステムがある以上必須になります。

英検jrには、オンラインで受験対策ができるラーニングがあり、模擬テスト形式で準備(練習)をすることができます。

これは、高校生や大学生の受験と少し似ていますよね。

もちろん、低学年でも英語に親しみ楽しめる内容になっていますが、早い段階から、こうした経験をさせておくことは、子どもにとってメリットが多いでしょう。

テストに備えて準備をすすめるという点では、子どもたちにとって、新鮮な経験になるでしょう。

こうした準備(受験対策)も、英語への抵抗感だけでなく、勉強・受験に対する抵抗感も感じない強い心を持ったお子さんに育ててあげられることになります。

英検jrを通じて親子で取り組むといいかもしれませんね。

参考サイト:
英検jrの受験対策についてはこちら