英検jrを受験させたい!小学生に必要な学習方法と受験対策とは?

小学生も英語を授業で学ぶようになり、親御さんの時代にはなかったシステムが導入されていますよね。

今の時代の子どもたちにどのように学習を勧めさせて良いのか戸惑う方も多いでしょう。

そんな親御さんたちのために、小学生の勉強方法と英検jrの受験対策についてご紹介します。

小学生の英語は2020年から必修になります。

自分の子どもは英語の授業についてけるのだろうか?
小学生の低学年から落ちこぼれることもあるのだろうか?
これからの時代は絶対に英語は必要なのか?

考える方も多いでしょう。

まず、お子さんの英語をサポートするためには、

市販の英語教材を購入する
通信教育などを受講させる

このような手段が考えられます。

お子さんの英語への関心や興味を育てるような教材になっているので、学校で英語勉強をする抵抗感をなくすことができます。

抵抗感をなくすことができれば、落ちこぼれる心配も少なくなります。

でも、英語を学ぶ上で、楽しみを持たせることは大切なことですが、やはり、目標を持たせて取り組めるようになることが重要です。

なぜなら、目標を持たせて取り組ませることが、英語学習の上達には早道だからです。

今注目されている育成型テスト「英検jr」は、テスト形式で、子どもに英語に取り組ませることができます。

また、客観的なデータをもとに、目標値を明確にし、子どもに目標を持たせてあげることができるからです。

参考記事:
英検jrって子どもにとって必要?!子どものための目標設定の重要性

2020年から必修化する以上、これからの時代英語は必要です。進学するために受験というシステムがある以上必須になります。

英検jrには、オンラインで受験対策ができるラーニングがあり、模擬テスト形式で準備(練習)をすることができます。

これは、高校生や大学生の受験と少し似ていますよね。

もちろん、低学年でも英語に親しみ楽しめる内容になっていますが、早い段階から、こうした経験をさせておくことは、子どもにとってメリットが多いでしょう。

テストに備えて準備をすすめるという点では、子どもたちにとって、新鮮な経験になるでしょう。

こうした準備(受験対策)も、英語への抵抗感だけでなく、勉強・受験に対する抵抗感も感じない強い心を持ったお子さんに育ててあげられることになります。

英検jrを通じて親子で取り組むといいかもしれませんね。

参考サイト:
英検jrの受験対策についてはこちら

英検jrって子どもにとって必要?!子どものための目標設定の重要性

お子さんのいる親御さん世代となると、「英検」と聞けば、中学校になったくらいから、とりあえず受験しておこうという気持ちで受験した経験のある方も多いと思います。中学・高校・大学でも、履歴書に記載できる検定としてチャレンジした方も多いでしょう。

今の時代は、低年齢でも英語に親しませている親御さんが多く、英語に興味を持つ子どもが増えてきています。以前は、中学から身近になっていた「英検」も、今では、簡単で低年齢でも受験しやすい「英検jr」が身近なものになってきているんですよ!

2015年以前は「児童英検」として親しまれてきたものが「英検jr」と名称が変わり注目を集めています。子どもたちの英語の上達の指標としての位置づけです。

英検jrは、英検のように合否はなく、3段階のグレードとして習得レベルを表します。また、英検jrはリスニングテストのみのため、「英検」のような「英語を勉強する」といったイメージが薄く、楽しみながら受けることができるシステムになっているんです!

英検は、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4つの要素が必要になりますが、英検jrは、テスト内容が全く違い、あくまで小学生を対象にした内容になっています。

本格的な英語の勉強が始まる前の下地作りや、英語への抵抗感をなくしておくためにも、小学生の頃から英検jrを受験させている親御さんが増えています。

低学年のうちから、「落ちる」という経験をさせるのはかわいそう・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。合否はなくとも、3段階のグレードをつけるわけですから、お子様がある程度のストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。

ですが、転ぶことを避けさせるよりも、精一杯頑張って転んでしまっても挽回することもできるということを早い段階から教えてあげることも重要かもしれません。

子どもにたくましく強い心を持たせるように教育してあげることも大切なことのような気がします。転んで挽回して手に入れる成功を経験させることも大切なことなのです。

また、英語は目標を持って取り組む方が力が伸びるといわれています。高い目標を設定した子どもであればあるほど、自分の実力より高い結果をだしがちなんです。英検jrは、こどものレベルに合わせて受験が可能で、高い目標を設定しやすく、英語を身につけるきっかけ作りができるんです。

英検は年に3回受験することができます。親子で英検にチャレンジする準備として英検jrを取り入れて早めに準備をすすめておくといいですね!

ブンブンどりむの効果は?苦手な読書感想文は克服できる?!

学校から持ち帰る宿題の中で、親として一番教えるのに苦労するのが「作文」ではないでしょうか。

他の教科なら、なんとかなったのに、私は娘に作文を教えるのが苦手でした。というか、私自身も作文ができなかったので、作文が苦手な娘は、やっぱり遺伝?と思う程でした。

そんな親御さんたちに話題になってるのが、ブンブンどりむ。

暗記の勉強とは違い、思考力や表現力などの特に社会に出てから必要とされる力を養えることで人気です。

そもそも作文を「書く力」は思考力・判断力・表現力・知識活用力が鍛えられることで身に付くため、自然に訓練ができるんですね!

受験の方法も時代と共に変化しているため、このような能力を測る受験方法に変更しつつあります。

2020年から大学入試新テストが導入され、記述式の問題や小論文が合格の秘訣になってくるようです。

親御さんの時代の暗記力が全てという受験ではなくなってきているんですね。

そんな、親御さんもお子さんもサポートしてくれるブンブンどりむを、早い段階で、試して力を付けている方が増えているようです。

参考記事:
文章能力って重要?!ブンブンどりむで全教科成績アップって本当?

また、ブンブンどりむには、赤ペンで添削してくれるサービスがあり、子どもたちのヤル気を引き出してくれます。

褒めて伸ばしてくれるので、子どものモチベーション維持や向上心の維持がしやすくなります。

また、ご両親も積極的にかかわることで、さらにお子様のスキルアップにつながります。

ブンブンどりむの特徴と良いポイントとしては、

  • バックナンバーを購入できる
  • 受講学年を選べる
  • 入会金が必要ない
  • こども新聞が届く
  • 褒め上手な赤ペン先生
  • アドバイスが解りやすい

これらについて好評のようです。

苦手な読書感想文は、お子様も、ご両親も?克服できそうですね!

ただし、ブンブンどりむのデメリットを述べるとすると・・・

語彙力を増やすためには、やはり読書は必須だということです。ブンブンどりむだけで、文章を作りながら語彙力を増やすには少し足りないようですね。語彙力をつけるために、読書を並行させながら、ブンブンどりむについているクロスワードに取り組むと、解ける楽しさを子どもたちが味わえるかもしれません。

やはり、どのような子供の教材にも共通していることですが、親の取り込み方(一緒に調べて取り組む)次第で、子どもの上達には大きく関係します。

ブンブンどりむも、使い手次第ということになりますね。

それだけの十分な要素が詰まった通信教育講座だといえるでしょう。

文章能力って重要?!ブンブンどりむで全教科成績アップって本当?

お子さんが小学生の間は、ご両親が勉強を教えてあげているというご家庭も少なくありませんよね。

まだ塾や教材に費用をかけたくないという方も多いですが、何より、ご両親が教えてあげるのに十分な難易度ということもあります。

しかし、国語、特に作文に関しては、正しい答えが解らずにご両親も何が正解で、どう教えて良いのやらお手上げ状態の方が多いようです。

作文には、5W1Hが必要です。子どもに、5W1Hが入った文章を書かせるのは難しいのですが、それ以前に何を書いたらいいのかで悩むお子さんの方がずっと多いのです。

このヒントがあるだけでも、大きく前進するのはないでしょうか?もちろん、お子さんだけのヒントではなく、ご両親にとっても大きなヒントとなるはずです。

今後の情報化社会に備えて、文章能力は、とても重要な課題となります。

特に、今後、大人になっていくお子様の時代にとっては思考力・判断力・表現力・知識活用力は必須です。

これらは「作文を書く」という作業の中に含まれ、これら必須能力を養うことができます。
「書く」というのは、重要な学習の軸ともなるため、この能力を引き上げることで、他の能力も自動的に引き上げられる仕組みになっているのです。

最初に「5W1Hを意識させて文章を書かせる」方法をお伝えしましたが、文章力を引き上げることで、他の能力も引き上げることができるなら、少し力を入れて学習させてみたいと思いませんか?

今後の時代は、おそらくご両親が経験した時代とはことなり、受験方式なども変化しています。思考力・判断力・表現力・知識活用力を求められるなら、なおさら、力をいれたいところです。

受験勉強に取り掛かっていない今の時期だからこそ、特別に早めに力をつけておくと良いかもしれません。しかし、学校ではそこまで力を入れて個別指導をしてくれるわけではありません。そこでご紹介したいのが、「声に出して読みたい日本語」がベストセラーになった齋藤孝先生が監修した作文通信教育講座です。

今後、受験勉強のためにさらに他の勉強が必要なのは目に見えています。しかし、まだご両親が教えてあげられる時期は、それで構いません。家族とのコミュニケーションという意味でも、とても良い教育になるでしょう。

しかし、ここで、文章力に目をつけて、早めにお子さんに力をつけさせてあげることで、今後の受験勉強も楽に学べるようになり、他のお子さんとの差をつけることも可能です。
直接的な成績として、重要視されない文章力ですが、疎かにしていると、お子様の学習の向上にとって大きな妨げとなるでしょう。

お子様の力を効率よく伸ばしてあげるために、文章能力の引き上げに着目してあげてくださいね。

ブンブンどりむの口コミには次のような内容が寄せられています。

  • 子供が楽しく取り組める
  • 子どもの発想力に驚かされる
  • 具体的な表現能力が身に付いた
  • 伝わる文章を書けるようになった

これらは良い口コミですが、悪い口コミも気になりますよね。
特に、「辞めた理由」は気になるところです。

念のために「辞めた理由」をチェックしておきたい方はこちらのサイトが参考になります。

>>ブンブンどりむを辞めた理由は?

ブンブンどりむは、他の通信講座と違い、学年でコースを選ぶわけではなく、お子様個人の能力に合わせてコースを自由に選ぶことができます。

それだけ、個人差が出てくる教科であることが解りますね。

ここで、子どもの能力を引き上げるか、いつどのように引き上げるかの「ご両親の選択」によって大きく変わることでしょう。

ポピーの英語教材の口コミ|体験してみた子供たちの感想は?

お値段がお手頃な老舗通信教育で人気なのが小学ポピー。

小学校での英語教科化を受けて、小学ポピーでも英語教材を備えています。では、小学ポピーではどのような英語教材なのでしょうか?

小学ポピーの英語教材は、大きく分けて3種類に分けられています。

  • ドレミで英語(小学1~2年生)
  • Popy Hello English(小学3~4年生)
  • Popy Hello English Plus(小学5~6年生)

小学1年生から4年生は年1回(CD+冊子)です。小学5年生から6年生は年2回(CD2枚+冊子2冊)です。5年生になるとアルファベットを学ぶため練習用のワークをもらうことができます。

また、3年生から英語漫画で楽しみながら英語を学ぶことが出来ます。抵抗感がないように、入りやすい工夫が見えますね。3年生では、まずローマ字からまなぶため、ここで初めてアルファベットに触れることになるようです。

ポピーの英語教材は年に1~2回届くだけなので、これだけ聞くと、少し物足りなく感じますよね。実際に、あまりやり込むタイプのものではなく、分量としても、少ない方かもしれません。

英語に全く触れたことのない子供や、英語がすでに苦手になってしまっている子供でも抵抗なくできるだけの分量です。

これは、良い点としてとらえる子どももいれば、不満に感じる子どももいるかもしれません。

英語教材を選ぶ点においては、この点で、自分のお子さんに合う教材を選択されると良いかもしれません。

小さいころから、英語能力を身につけて早めの英語教育をさせたいと願っているご両親ならば、ポピーは足りない教材でしょう。

ポピーが合うお子さんや、ご両親としては、英語に楽しく触れておいて、中学生になったときに抵抗感なく学習が進められる状態にしておきたいという考えの方であれば、ポピーを選択すると良いでしょう。

英語教育は、毎日10分程度の学習で十分です。実は一日に一度でやろうと思ったら、全てできてしまうだけの分量しかポピーにしかありません。

これを何回も繰り返しながら学習していく必要があります。

この勉強法は、反復練習といって、英語教育ではよく使われます。

保護者の方も一緒にCDを操作しながら、お子さんと楽しみながら少しずつ学習を積み重ねることによって、根気強い継続できる性質も備わっていくでしょう。

英語を学びながら、学習の習慣を身につけることもできますね。

英語以外のポピーの教科の口コミと評判はこちらのページでご紹介しています!

ポピーの口コミと評判|悪い口コミやデメリットも全てご紹介!

娘の通信教育で悩んだのが小学ポピー。老舗の通信教育ということもあり、タブレット学習のスマイルゼミと悩み、同じ時期に長女と次女に与えていたこともあります。

ポピーは小学校を対象とする通信教育で、全国の小・中学校の教材をつくっている会社でることから、学校のテストに役立つと小学ポピーは人気です。

小学ポピーは小学生の通信教育総合ランキングで1位になった経歴をもつ通信教育です。

そんな小学ポピーでも、悪い口コミを寄せる方もいらっしゃいます。悪い口コミは、どんな通信教育でも必ず寄せられるものなので、一応ご紹介しますが、参考程度にしておきましょうね。使う人によって賛否両論があって当然です。

  • 内容が易しすぎる
  • 本屋さんの問題集と変わらない

悪い口コミでは、このようなポイントがあげられているようです。ポピーはあまり分量があるわけではありませんが、しっかりと内容は抑えられている教材です。
冊子の見た目は薄く、物足りないかもしれませんが、小学生のお子さんには、薄手の方が記入しやすかったり、勉強に使いやすく、ヤル気もでる分量なのかもしれません。

また、本屋さんで買いこんで子供に与えればいいんじゃない?と思う方もいるかもしれませんが、学校の授業&テスト対策は、毎月の勉強内容から抜粋されたもので、学習がしやすい仕組みになっています。分量だけの問題ではなく、学習の進めやすさなども通信教育ならではの意義なのです。

先に、悪い口コミからご紹介してしまいましたが、ポピーには良い口コミがほとんどです。何点かご紹介しますね。

  • 月額が安くて助かる
  • 教科書基準で基本を学べる
  • 10分程度で可能なので飽きない
  • 添削サービスはなく無駄がない

小学ポピーは月額3000円から3400円というかなりリーズナブルなお値段です。このお値段で、教科書に沿った予習・復習がバッチリできることが好評のようですね。特に「教科書に沿った内容」という点が、ご両親が安心できるポイントなのでしょう。また、添削サービスがない点がデメリットとも思えますが、反対に無駄がなく学習を勧められるという点で、良い評価がされています。

ただし、ポピーは、タブレット学習のスマイルゼミなどとは違って、答え合わせと解説が必ず必要なので、お子さんの隣に座って勉強を見てあげる必要があります。

なかなか時間のとれない親御さんにとっては負担になりかねませんが、親御さんの協力・サポートが、継続して勉強を楽しめる鍵となることは間違いなさそうです。

この点、スマイルゼミとポピーで迷っている方は、参考にしてみるといいでしょう。

また、ポピーは一括払いをした場合でも途中退会が可能な上に、差額を返金してもらえるので、とても良心的です。

退会方法については、こちらのサイトが参考になります。

>>さんけん社ポピーの退会方法について

ポピーには、悩み相談の電話や、会員情報誌などが親御さん向けにも提供されているため、親が子供のとのかかわりあいや、学習教育の指針なども明確化してくれています。親としても子どもと一緒に成長できる嬉しい通信教育だといえるでしょう。

スマイルゼミの口コミと評判|タブレット学習にデメリットはないの?

スマイルゼミはタブレット通信教育で人気の教材です。
イアワードを獲得したり、知名度も高く、利用者がグングン増えています。

ただ、親の世代からすると、紙ではない教材で勉強するのは、デメリットもあるのでは?と少し心配になりませんか?

絶大な人気を誇る教材にそんな危険性はないとは思いますが、やはり心配なので調べてみることにしました。

スマイルゼミは専用の高機能タブレットを使用します。

画面の感度が良く子どもたちも遊び感覚で勉強が進むことで人気です。タブレットは、採点機能や学習記録がついているため、勉強を効率よく進めるために欠かせません。

共働きの多い現代では、なかなか親が子供の勉強を見てあげる時間や余裕もなく、子どもが一人でも効率的に楽しみながら勉強できるものを、親も望んでいます。

問題を解いて答え合わせまで、スマイルゼミは子供たちをしっかりとサポートしてくれます。

しかし、どんなに人気な学習教材でも悪い口コミが寄せられるものです。

スマイルゼミについても例外ではありません。では、タブレット学習のスマイルゼミのデメリットを悪い口コミの中から調べてみました。

  • シンプルな画面で難しさを感じる
  • 親のチェックはやはり必要
  • 故障した時が不安
  • コスパが気になる

タブレット学習ときくと、ゲーム感覚のようなキャラクターがたくさん登場してきそうなものですが、スマイルゼミはかなりシンプルな画面です。それが物足りなく感じたり、難しく感じる子どももいるかもしれませんね。

学習は、子ども一人でも続けられますが、やはり、親が学習結果のチェックは必要があるでそう。タブレット学習は、タッチすれば、スルスルと問題を進めていくことはできますが、答えを観ながら回答することも可能です。

ズルをすることもできてしまうため、親が確認してあげないと学習能力を上げることができないお子さんもいらっしゃるかもしれませんね。

専用の高機能タブレットは1年間の保証がついていますが、お子さんが落として壊してしまったりした場合は、タブレットの正規代金を支払わなくてはいけません。

多くの方は、年間3,600円のオプションの「タブレット安心サポート」をつけている方が多いです。この場合は、交換・修理が6,000円で済むため、故障した場合の負担額を減らすことができます。

スマイルゼミは学年が上がるごとに月額がアップしていくシステムです。上級生になると、やはり他の塾だいや、他の通信教育なども気になってくるところなので、コスパが気になるようになるかもしれません。

退会する際にかかる違約金などについてはこちらのサイトが参考になります。

>>スマイルゼミの退会について

退会についても、入会する前に必ず把握しておくことをお勧めします。

悪い口コミをご紹介しましたが、もちろん良い口コミがほとんどです。

  • サポートが手厚い
  • 気軽に電話相談できる
  • 成績が上がった
  • 楽しく勉強できる
  • タブレットのペンが使いやすい
  • 英語が標準教科になっている
  • 学習状況を親がアプリとメールで確認できる
  • 何度でも学習できる

Twitterやインスタでも話題になっていますよ!

なかなか勉強をみてあげる時間がないご両親には、おすすめのタブレット教材といえますね!