煙草が肌に悪い理由は?アイコスだって美容に良くないって本当?

煙草が肌に悪いというのは、誰もが耳にしたことがあるでしょう。でも、本当に煙草は肌に悪い影響を及ぼすのでしょうか。答えが、その通り。煙草は肌にとって絶対に良いものではありません。煙草を吸うことで肌への酸素の供給が滞り、肌のくすみやしみ、顔のたるみなどのスモーカーズフェイスの特徴がみられます。

エイジングサインのほとんどを煙草によって悪化させると言われています。若い年齢であっても、このようなサインが見られることで、煙草は肌に悪いといっても過言ではないでしょう。煙草により、血管が収縮し、一酸化酸素が発生することで、肌への酸素供給が出来なくなってしまいます。それにより皮膚の温度が低下し、代謝やホルモン分泌が低下することが考えられます。肌が生まれ変わるターンオーバーを遅くしてしまうことから、古い角質がなかなか生まれ変われない状態になってしまうのです。

そのため、くすみやしみが目立ちやすくなってしまうのです。さらに煙草に含まれるタールは口臭の原因やヤニの原因になるため、美人にはあるまじき現象を引き起こしてしまいます。さらに、美しい肌に不可欠なコラーゲンの生成も抑制されるため、煙草は肌にとって良いことが一つもないといっても過言ではないのです。では、今はやっているアイコスならどうなのか気になりますよね。しかし残念ながらアイコスでも肌への悪い影響をゼロにすることはできません。確かに煙草に比べると害を減らすことは可能ですが、決して肌に良いわけではありません。

アイコスに限らず、煙草はニコチンが含まれておりビタミンCを破壊してしまうことが考えられます。アイコスにもニコチンは含まれているため、美容に決して良くはないのです。ニコチンだけでなく、ストレスによってもビタミンCを大量にうしなってしまいます。煙草を吸わないとストレスが溜まってしまうので、どちらにしても肌に良くないとおっしゃる方がいるかもしれませんが、少しずつ禁煙にチャレンジしていくことも必要だといえるでしょう。アイコスは肌への悪い影響をなくすことはできませんが、害を9割カットできるともいわれています。

さらに電子タバコの中でもビタミンCを破壊するニコチンが含まれていないモノも存在します。そういった商品を用いて、ストレスがかからないように取り換えることも良いでしょう。また、美肌を目指す人にとっては嬉しい美肌に必要なビタミンが吸える煙草も存在しています。煙草を吸いながら肌もケアできるのは嬉しいですよね。こうした商品はミストサプリとも呼ばれ、煙草が肌に悪いというイメージを覆してくれます。煙草は美容にためでなく心臓や肺にも負担がかかってしまいます。

誰もがどこかで目にしたことのある真っ黒な肺の画像がありますよね。このように、解剖した肺には目に見えて肺への影響が解っています。抗老化という意味だけでなく、煙草とのかかわり方を変えていくべきでしょう。さらに接客業などお客様と関わる仕事についている方にとっては、ヤニや口臭は気になるところです。このように煙草は自身の美容だけでなく、自分の印象をも悪くしてしまうことがあるのです。せっかく美しい見た目をしていても、これでは台無しです。

美容を気にする方の多くは、他人からの見た目を気にされているからという理由もあります。「美しい人」「可愛い人」という印象を抱いてもらう以前に「臭い人」「汚い人」なんてことになってしまったら、どうしようもありません。今一度、美しい女性の在り方を考え直し、美容に取り組むと良いでしょう。